やってみたいがここにある

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やってみたいがここにある

やってみたいこと、行ってみたいところ、してみたいことを紹介するという設定の雑記ブログ。略称は「やってここ」

日間PV100超えました!~トレンド記事について~

【スポンサーリンク】

f:id:hu_kaa:20160601003121j:plain

 
ブログを始めて一か月、毎日更新どころか週に一度程度しか更新していないブログですが始めて当日PV100超えしました!
 
ちなみに100超えした記事はコチラ↓
 
 
 
 

 
 
 
この記事はニュースが出て1時間弱でめちゃめちゃ急いで書き上げたものです。
内容は記事を見て頂き他のですが、簡単に言うと都合のいい部分だけ取り上げたニュースについて正しい情報を書いたわけです。
 
つまり、トレンド記事です。
 
 
このニュースを知ったあとツイッターで見たらトレンド入りも果たしていたのでこれは使える!と昼休みをすべて使って書き上げました。 
急いで書き上げたためリライトもしておらず、荒削りな文章ですが、11人もの方にリツイートしていただけました。
リツイートしていただいた方はほとんどがフォロワーではなく、記事に興味を持っていただいた方だと思います。
私は仕事中にトイレに立つたびにスマホの通知を見て喜んでいました。
 
この100超えのPVの7割は書いてから1時間、8割は書いてから2時間以内のPVでした。
 
このことからわかるのはトレンド記事は鮮度が命ということですね。 
 
案の定ツイッターのトレンドからも2時間立たずに消え、アクセスも急激に減って行きました。
残念ながら当日のみしかアクセスは伸びず一瞬の輝きでした。
ですがアクセスが上がっているのを見ている時は脳からアドレナリンが出ていましたね、間違いなく。
 
ちょっと残念なのは100超えのアクセスがあったのに広告クリックは0件だったことくらい・・・
まあこれに関しては仕方ないですね。
アクセスが増えればアドセンスもいずれついてくるんでしょう。
 
 

・まとめ

 
今回のことでわかったのは以下の二つ。
 
1.トレンドに合わせた記事を素早く書くことでアクセスを獲得することができる。
 
2.トレンドによって獲得したアクセスは短期間のみであり、長期的なアクセス増加にはつながりにくい。
 
トレンドは瞬間風速は強いけどほっといてもアクセスを稼いでくれるというわけではない。ということですね。
しかし一瞬でもアクセスを増加させてほかの記事への流入を増やせればPVアップは十分見込めます。
そのためにも記事数を増やしてコンテンツを厚くしていく必要があります。
 
私は今後もチャンスがあればトレンド記事は書くスタイルで行きたいと思います。
短い時間で情報を獲得し記事を書きあげなければならないので労力はかかりますがアクセスが伸びるのはモチベーションにつながりますからね!
 
アクセスが1ケタなどで伸びない皆様はトレンド記事を書いてみてはいかがでしょう。