やってみたいがここにある

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やってみたいがここにある

やってみたいこと、行ってみたいところ、してみたいことを紹介するという設定の雑記ブログ。略称は「やってここ」

【映画感想】アイアムアヒーロー【ネタバレなし】

【スポンサーリンク】

f:id:hu_kaa:20160601003629j:plain

アイアムアヒーローを見てきました。
 
全然予想してた内容と違ったけどおもしろかった。
 
最初に言っとくけどもこれ事前情報ゼロで見たほうが絶対楽しいぞ!!!
 
もしこの感想見てから映画見に行こうと思っている人がいるならいますぐチケット買って見てこい!
 
 
 
 
 
 
というわけでネタバレほぼなしで感想書いてくね。
 
見るか迷ってる人はブログよりチケット買ってきてくれよな!
 
 
 

 
 

あらすじ

 
 
主人公「鈴木英雄」は万年アシスタントをしている地味な漫画家見習い。
 
恋人ともうまくいかずすべてがだめだめ。
 
そんな日常が謎の感染症で崩壊していく。
 
感染症でパニックに陥った日本で出会った少女「早狩比呂美」
 
共に逃げる英雄と比呂美は果たしてどうなるのか・・・
 
 
 
 
 
ジャンルが予想外
 
 
 
まあこれは事前情報ほぼゼロでいった僕が悪いんだけど完全に予想を裏切られた。
 
もちろんいい意味で。
 
コメディとかいい話系だと思ってたんだけどなー
 
彼女と行ったんだけどなー
 
 
 
 
 
 
 
 
パニックホラーでした。
 
 
 
 
 
 
 
 
怖い系というよりはびっくりとスプラッタ的な感じ。
 
ゾンビが思ってたよりゾンビ。頭とか手足とか超吹っ飛ぶ。
 
邦画とは思えないグロレベルだから苦手な人気を付けようね。
 
たぶん夢に出るから。まじで。
 
 
 
 
 
ところどころグロさに目を覆うようなところもあるけど後半は爽快だった。
 
ヘッドショット気持ちいいんだよなー。
 
なんかバイオハザードがやりたくなった。5な。俺ウェスカーで。
 
 
 
 
 
日常が壊れ始めたと思ったら一気に壊れていく様はおもしろい。
 
もし日本でゾンビが現れたらこんな感じだと思う。
 
アニメのHOTDがこんな感じだけどアニメより実写、しかも日本っていうのがリアル感あって怖さが増すと思う。
 
 
 
 
 
 
 
予告編はこんな感じ
 
 
 
 
ゾンビほとんど出てないしスプラッタなんて予想できないじゃんこれ・・・
 
案の定スプラッタシーンでは女の子の悲鳴が飛び交っていました。
 
3Dはないけど迫力あるシーン多いしスクリーンで見たほうがいいと思う。
 
ZQN(ゾンビ)のきもさと衝撃は劇場のほうが感じると思うし内容知ってたら周りの悲鳴が楽しいと思う。
 
 
 
 

見どころ

 
 
主人公の成長
 
 
 
f:id:hu_kaa:20160621234537j:plain
 
 
 
大泉洋が演じる鈴木英雄は絵に書いたようなダメ男。
 
仕事もだめ、プライベートも彼女と喧嘩、お金もない。
 
その上性格も卑屈でいいとこなしの35歳。
 
そんな英雄が女の子のために本当のヒーローになっていくのはかっこよかった。
 
クライマックスの英雄の登場と銃撃シーンは本当に爽快で気持ちがよかった。
 
あと普通に大泉洋の演技がふつーにうまかった。
 
水曜どうでしょうしか知らなかった僕としては超意外だったけどそういや洋ちゃん演劇やってるんだったね。
 
ただ森林歩いてるとことか真面目なのにどうでしょうに見えて笑ってしまった。
 
散弾銃じゃなくてバズーカみたいなカメラ持てよ!そっちのが似合うぞ!
 
でも原作そっくりだし適役だったよ洋ちゃん!
 
 
 
 
 
ZQNのクオリティ
 
今作ではゾンビのことをZQNと呼んでいる。
 
ZQN自体はゾンビものの定番、噛まれたらうつるタイプのゾンビ。
 
だが生前の記憶を残しているらしくそれぞれが個性的な動きをしていておもしろい。
 
意味不明な動きをしているZQNも多いから観察してみるのもいいかも。
 
 
 
 
そして特殊メイクのクオリティがめちゃめちゃ高い。
 
あんまりゾンビものとか見たことなかったけどこんなすごいの?って思った。
 
腕とか頭吹っ飛んでも動くし頭へこんでるやつもいるし目とかもう・・・
 
でも全然CGっぽさとかなかったし特殊メイクなんだろうなあ。
 
技術の進歩ってすごい。そりゃ世の中に綺麗な女性増えるね。
 
特殊メイクZQNを見るためだけでも映画館行く価値があるよ!
 
個人的にてっこゾンビと意味不明ゾンビ(蜘蛛みたいな動きしてたやつ)が好き。きもい。
 
 
 
 
 
あとすっげーバイオ5のマーセナリーズやりたくなるから注意な!
 
 
 
 
 
 
場所が日本
 
 
これ地味だけどすごい大事なこと。
 
ゾンビものって海外が多くて日本舞台でこんなクオリティ高いゾンビでるのは僕はアイアムアヒーローしか知らない。
 
僕が思うゾンビものの定番は三つあって。
 
 
 
「噛みつかれると感染」
 
 
「頭をふっとばすと蘇らない」
 
 
「主人公の武器は銃」
 
 
 
他にも死者が蘇るとかもある。
 
この中でネックなのは銃。
 
日本だと銃は許可がないと持てないし練習する環境もないからね。
 
無理やり持たせてもそれはそれで現実感がなくて物語に入り込めなくなってしまう。
 
アイアムアヒーローはそこをうまく作ってるからおもしろいし身近に感じるんだろう。
 
「本当にこんなことあったら」っていう考えをさせられたのはこの映画の思うつぼなんだろうなあ。すごい。
 
 
 
 
 
 
ちょっと残念だったところ
 
 
結末がすっきりとしていないのが少し残念。
 
てっきり劇場版続編制作予告があると思ってたらなかった。
 
謎とかほとんど解明されてなかった。もう見事な放り投げジャーマン。
 
バッファローマンもびっくりだよ。
 
原作も完結してないらしいからそのへんは難しいのかもしれないけど実写化大成功だしなんとか続編作ってほしいな。
 
 
 
あと有村架純、必要あった・・・?
 
セリフ少ないし後半とか空気だったよ。
 
まあ戦う理由的には必要なのかもしれないけどもうちょい出番あってもよかったよね。
 
かわいければなんにもしなくていいと思うなよ!
 
 
 
 
 

まとめ

 
 
この映画の肝はゾンビ映画だと悟らせないようにしていたこと。
 
これに尽きる。
 
予告編のPVやポスターもこんなグロいゾンビが出てくるとは思わなかったし明らかに制作側が情報規制してるよね。
 
結果的に大成功だと思う。実際びっくりしたし騙された人めちゃめちゃいるみたいだし。
 
 
 
 
 
 
 
 
パニックホラーでグロいところを隠すとほとんどなにもアピールできるところがなくなるしね。
 
僕も最初はゾンビものであること隠して記事書こうとしたけど即挫折した。話すことなかった。語彙力ゥ!
 
最近じゃヤフーニュースでゾンビものとして紹介されてたし事前情報なしで行くのは難しいのかなー残念!
 
DVDとかになったら忘れ去られたころに彼女とかに見せてみよう。きっと喧嘩になる。
 
この制作陣ならDVDのパッケージもゾンビものだとわからないように作ってくれると信じている。
 
事前情報あるのと完全になしでいくのとでは驚きのレベルが全然違うから絶対こんな記事とか見ないで見てきてくれよな!
 
情報をあえて隠して話題性を狙うというマーケティングを勉強したふーかでした。
 
どーでもいいけどZQNってゾキュンなんだよね。ハート撃ち抜かれるほうが読み方自然じゃない?