やってみたいがここにある

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やってみたいがここにある

やってみたいこと、行ってみたいところ、してみたいことを紹介するという設定の雑記ブログ。略称は「やってここ」

迷った末にツイッターとブログへの顔出しを辞めた理由

【スポンサーリンク】

f:id:hu_kaa:20160601003303j:plain

 

最近スロットを控えめにすることを心に誓いました。

最近の台ほんとに勝てないし引きがどこかに家出したみたいなので。

そうするとツイッターやブログで顔を隠す理由がほとんどなくなるんですよね。

今日は顔出しすることについて書いてみようと思います。

 

 

・メリット

 

・印象に残る

顔を出すことで読者の印象に残ります。

ブログを運営している人の大半は匿名ですので顔を出しているだけで信憑性が上がり差別化ができます。

顔に自信がない人でも顔出しするだけで印象に残ります。

それは次のメリットのおかげでもありますが。

・自分の写真を自由に使える

これが大きい。

ブログを始めてからは意識して写真を撮っています。

ですが始める前の写真は基本的には自分や友人が写っているものが多くて使いにくいんですよね。

それに自分が楽しんでいる写真を使えば楽しいという記事に説得力が生まれたりもします。

フリー素材として自分を使えるのも何気に楽しそうだと思います。


・自分を売れる

自分の顔を出し、写真を使うことで読んでいる人に顔を売ることができます。

簡単に言うと知名度が上がります。

知名度が上がることにより仕事が入ってきたり、独立する際なども有利に働くことは間違いないでしょう。



・デメリット

 

・顔がネットに出回る

多分大多数の人が嫌がっているのはこれに尽きると思います。

ネットに流出した写真は取り返しがつかないですからね。

今は顔さえわかればそこから個人情報を集めるのも難しくない時代なのでなおさらでしょう。

ビジュアルがいい人はストーカー被害だって考えられます。

また、流出した顔写真を使ってなりすましや冤罪をかけられる可能性もあります。

 

・ブログが周囲にばれる可能性がある

ブログをやっていることを現実の友人や職場の人に話している人は少ないのではないでしょうか。

私も一部の友人にしか話していません。

ですが顔を出してしまえばいずれはばれるでしょう。

その時に人に見られてはまずい記事があれば現実の人間関係に悪影響を与えてしまいます。


・なぜ顔出ししないという決断をしたか

私はブログが周囲にばれることは問題としていません。

恥ずかしいことを書いているつもりもやっているつもりもありません。

むしろアクセスが増えてくれるのであれば友人にも紹介するのもやぶさかではないと考えています。

ですが私はブログとツイッターを連携しています。

ツイッターには正直人に見せられない内容を書いている部分もあり、特に職場の人に見せるわけにはいきません。

首はないにせよ幹部に呼び出し、ツイッターアカウント削除を命じられる程度は十分にありえます。

今後転職や退職をした場合は別ですが、現在の会社に在籍する限り顔出しすることは難しいでしょう。

ただアクセス数アップや今後の活動においても顔出しすることはメリットが大きいと考えているので方法を考えてみようと思います。

いずれ機会があればこのブログで素顔の私と相まみえることになるでしょう。

 

 

・まとめ

ブログ運営に関しては顔出しすることはメリットが大きいため、積極的に行うべきでしょう。

また、いずれ顔出ししたいと考えている私のような方はブログ、ツイッターなど個人を特定できる場所では不用意な発言に気をつける必要

があります。

私もいずれベストショットを載せますので楽しみにしていてもらえると幸いです。